プリリジーが高くて買えない時にはジェネリックを

薬を飲む男性

プリリジーは1錠2,000円を超えるほど高く、個人輸入でまとめ買いをしても1,700円以上するのが普通です。
価格を抑えるためには、プリリジージェネリックのポゼットを使用するのが一番です。
先発医薬品のプリリジーの場合、どこで購入しても大体価格は決まっています。
極端に安く購入することはできないため、激安で販売している場合は注意が必要でしょう。
ジェネリックの場合は1錠300円くらいから購入できるので、無理なく継続できるはずです。
1ヶ月に10錠服用しても3,000円程度に抑えられますし、継続的に使用する方はまとめ買いをするとさらに安くなります。
ジェネリックは効果が心配という方もいますが、目隠しをして服用すると気づかないという方も多いです。
ジェネリックの効果が弱くなってしまう一番の理由は、ジェネリックは先発薬に劣るという考えを持っていることでしょう。
同様のダポキセチンを主成分とするので、効果にはほとんど違いはないのです。
それにも関わらず、思い込みによって効き目が変わってくるのが薬の不思議なところです。
プリリジーやジェネリックを服用していると、根本から早漏が改善することもあります。
心因性、つまりメンタルやストレスの影響によって発症する早漏の場合、これらが解消することで治ることは多いのです。
早漏治療薬を服用すると持続時間が2~3倍に延びてくれるので、リラックスしてセックスにのぞむことができます。
薬を服用したという安心感は絶大ですし、何より実際に持続時間が延びるので自信につながります。
心因性の男性機能障害の多くは、セックスが成功すれば治ってしまうのです。
薬に依存するのは避けたいという方も、完治させるきっかけとして薬物療法を取り入れるのは効果的です。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ